« 最近の玄米ごはん | Main | ブログ移行します。negaposi.com »

June 20, 2015

直して、使う。モリカゲシャツキョウト

150620morikage1

私が毎年、京都を訪れる様にになったのは2007年から。

その時から時々、自分へのお土産で「モリカゲシャツ」のシャツを購入する様になりました。
http://mrkgs.com/

京都のお店、東京での展示。何回か足を運び、シャツも何枚かに増えました。
全部白いシャツですが(笑)。

京都のお店に初めて行った2007年に買ったシャツも約9年、気が付くと襟元がすりきれてボロボロになっていました。

引っ越しの時に、服も整理をしたのですが、思い入れもあり、処分ができずに京都に持ってきてしまいました。

先日、モリカゲシャツキョウトを久しぶりに訪れた際に、そういえば、と思い出して修理についてダメ元で聞いてみると、
「襟丸ごと交換もできますし、補修もできます。」と嬉しい回答!

後日シャツを持参して、相談。
補修できそうな大きさ・場所の擦り切れなので、今回は襟の交換ではなく補修でいくことに。その際「袖もギリギリですね〜。また持ってきてください。」とのこと。

補修のイメージだけお話しして、色づかいなどはお任せ。

2週間ほどして、仕上がってきたシャツ。

もともと袖の部分に別柄が使ってあるのですが、そこの色柄に合わせて、補修してくださいました!
素敵だ!

150620morikage2

今後、染みがついて取れなくなった場合や、白シャツなので黄ばみが気になるようになった場合は、「藍染め」で染めかえてくれるサービスもあるそうです。
http://ebebe.jp/project/somekae/p_some01.html

しかも「綿や麻素材のものならモリカゲシャツ以外の商品でもOKです。」とのこと。
これは、同じものをずっっっっと使いたいという私には非常に嬉しいサービスです。

どちらかというと、女性物のシャツやワンピースのイメージがあるモリカゲシャツ。
男物もオーダーメイドもあるので、是非京都へいらした際は覗いてみてください。

|

« 最近の玄米ごはん | Main | ブログ移行します。negaposi.com »