« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

April 23, 2015

大平高之ドローイング展 at JUHA coffee(2015/4/14-26)

150423ohira

元オーガニックベース、デザインスタッフ大平くんの展示です。

西荻窪のカフェで26日(日)まで開催中。
JUHA coffee
http://www.juha-coffee.com/

ここ数年の、オーガニックベースのデザインワークの殆どを担当していた大平くん。
タイトな進行が多く、私からも色々と注文が多かったと思います。ありがとう。

アトリエ間間でのクラスの表紙や毎月のNews Letter、「マクロビオティックはじめるコース」テキスト、イベント印刷物のデザインなどなど。紙ものは殆ど大平くんデザインでした。

私も彼のイラストが好きで、自分のウェディングパーティーのポスターや招待状のイラスト・デザインは大平くんに依頼しました。

柔らかさと、芯の強さのバランス。
これからどうなっていくのか、元同僚として、とても楽しみです。

お近くの方は是非。


|

「ともに」展を終えて(2015/4/13)Like a rolling stone

ああ、もう10日も経ってしまいましたが、「ともに」展、4月13日で終了いたしました。

たくさんのお越しくださった皆様ありがとうございました。

今回はたくさんの方々にお世話になりました。
藤川孝之
natsuno hiraiwa
青木隼人
竹内紙器製作所
Roundabout
ORGANIC BASE(ヒトト&アトリエ間間)
馬場わかな(写真)
松井雄一郎(DMデザイン)
(敬称略)
そして勿論、Roundabout・ヒトト・アトリエ間間での現場スタッフの皆さん。

Roundaboutの小林さんが、このメンバーでの展(今回で3回目)の経緯を書いてくださっています。是非ご覧ください。

私も出張以外は、ヒトトで働いておりました。

3週間という長丁場、毎日ヒトトのアトリエに通ってくださる藤川さん。
ヒトトスタッフのことを気遣ってくだり、ほんとに毎日BGM用のCDのやレコードを持ってきてくださって、デッサンの予約の合間に昼はこれ、18時からはこれ、とBGMまで選んでくださいました(笑)。

毎日18時頃、藤川さんの「じゃあ、そろそろいいかな?」という声で、ハートランドビールとアナログプレイヤーの蓋が開き、DJ takaの時間。
イラストやコラージュ作品とともに、選曲の幅の広さ、藤川さんの別の一面も垣間見れてスタッフが一番楽しませて頂きました!

150413tomoni01

最終日4月13日の夜、クロージングパーティーは、ラモーンズやピストルズのパンクスタート!

150413tomoni02

期間中、Roundabout小林さんや写真家の大橋弘さん、竹内紙器の堀木さんなどもレコードを持ってきてくださって、DJタイム。
フジカワアトリエでの打合せの際に「アナログプレイヤー置きますか!」とノリで決めたのに、こんなに役に立つとは。

150413tomoni03

なななななななんとパーティーでの、青木隼人さんと坂ノ下典正さんのデュオライブ。
しかも2ステージ!お子さまも大喜び。

展のクロージングパーティーでしたが、また次の楽しそうな企画の萌芽も、そこここで。終わって、始まって、ぐるぐると続いていく。

どこにいても、どんな時でも、「ともに」という感覚。
それぞれが、ちゃんと「立って」いればそれはずっと続く。

変わらないために、どんどんと変わっていかないと、改めて思う。
2012「ミンナ」2013「つどい、たのし」2015「ともに」
の3回を通しても、そう思う。

ベタですが、"Like a rolling stone"の気持ちはいつでも。
あ、転がり方は「螺旋」で(笑)。

|

April 11, 2015

「ともに」青木隼人ギター演奏会(2015/4/6)ヒトト

150406aokiwalking

3月25日から始まった「ともに」展も、いよいよ4月13日(月)まで。

4月6日には、青木隼人さんによるギター演奏会が開催されました。

ヒトトは、京王井の頭線吉祥寺駅のすぐ側にあります。
吉祥寺駅の電車の音は、駅の近くということもあり、到着する音、出発する音、ともにゆっくりとしたリズムのガタンゴトン、という音。
私がbasecafe、ヒトト、と働いてきてこの音が途切れた記憶は、2012年3月11日14時46分の「一斉停止訓練」の時くらいです。

この音、青木さんも仰っていましたが、私もとても好きな環境音です。

ヒトトでの青木さんの演奏会では、この電車の音も演奏の一部なのではないか、という位自然に馴染んでしまいます。

そんな中、演奏会は始まりました。
前半は、ギター演奏のみ。
後半は、青木さんご自身が撮影された盛岡の映像「walking」のスライドショーに合わせての演奏。

「walking」、淡々と盛岡の写真が映し出される中、青木さんの演奏を聴いている時に、ぶわーっと浮かんできたのは、写真を撮った時の青木さんの記憶なのか、それとはまた別の自分の中の物語なのか。
色々な感情が浮かんでは消え、気が付くとあっという間に時間が過ぎてしまいました。

藤川さんのドローイングやコラージュが展示してある空間の中で、青木さんのギター演奏と映像。
少しでしたがヒトトのお料理とお飲み物。
今回の展の場合は、どれ一つ欠けても違ったものになってしまったでしょう。
これも「ともに」。

あと3日。
4月13日(月)までです。是非、吉祥寺のあの古いビルに、遊びに来てください。
お待ちしております。

|

April 02, 2015

今井ようこスイーツコース大阪スタート!(3/27,28)

150328imaisc

先日、3月27日(金)28日(土)に、ついに大阪での「今井ようこスイーツコース」スタートいたしました!

東京では全6回で開催中のコースを、大阪では、前期3回・後期3回に分けて開催。
今回は「春夏バージョン(前期3〜5月・後期6〜7月)」。

1回目の今回は、「かぼちゃのパウンドケーキ」を「蒸しケーキ」とオーブンを使う「ベイクドケーキ」の2種類を作りました。

今井さんのデモ&説明の後、各自、なんとお一人で一本のパウンドケーキを仕上げます(蒸し一本ベイク一本、合計二本)。

一本のケーキを数人でつくるやり方だと、関われる工程と見るだけの工程とが出てきてしまいますが、今回は一人一本、ですので全て自分で経験できます。

その分、失敗しても全てご自身の責任ですが(笑)。

お菓子作り。
材料を揃えて、計量をきっちりして、レシピを見て、その通りにやればできるのでは?
とお菓子を殆ど作ったことの無い私などは、思ってしまいます。

今回、クラス後のAさんからの感想コメントに
「今まで蒸しケーキがうまく膨らむ時と膨らまない時があり、どうしてなのだろう・・と思っていたのですが分かりました! 」
というものがありました。

そうなんです。
ライブクラスの醍醐味は、先生の手元や動作を見て、ちょっとしたコツなども学べる点。

今回も、生地の混ぜ方や扱い方、ゴムベラなど道具の具体的な使い方のコツなど、見学していて「おお!」と思うことがたくさんありました。

Aさん、膨らまない時、ああやってるととダメですよね〜(笑)。


150402imai3min

キューピー3分クッキング(3〜4月の土曜日は今井さん)は、さくさく進みすぎて、お菓子作り素人の私には短すぎますが(すみません)、スイーツコースで今井さんの説明を聞くと、テレビでのあのボールの動かし方、ゴムベラの使い方にはそんな目的があったんだ!と納得。

お菓子作り、深すぎる&楽しすぎる!

ご参加のみなさんは、楽しそうですが真剣に、マクロビオティックスイーツの基本を身につけようと思ってらっしゃる方々ばかりで、全6回が終わった時が楽しみです!

次回は、4月10、11日。
「宿題」の「あんこ」作り、がんばってくださいね!




Imaicake_2
マクロビオティックの蒸しパウンドケーキ&焼きパウンドケーキ(今井ようこ著)

|

ヒトトと私〜フジカワデッサンしてもらいました

150401tomoni

吉祥寺ヒトト&Roudaboutにて開催中の「ともに」展(4/13まで)。

ヒトト店内「フジカワアトリエ」では期間中毎日(定休火曜を除く)藤川さんにデッサンをお願いできます(基本的に要予約)。
詳細

水曜日の今日(4/1)は、展示のみ営業の日。
デッサンのお客様予約の隙間を狙って、私も藤川さんにデッサンをお願いしました。
「ヒトトの店内、と分かるように背景を入れて、『ヒトトと私』みたいなイメージでお願いします。」と依頼。

そして書いてくださったものが、冒頭写真のものです。

仕上がったデッサンを、「竹内紙器」のBOX&額板セットに入れてもらって一緒に購入。
飾る時も、しまう時も便利。

考えてみると、自画像を書いてもらったのは、初めてです。
写真も良いけれど、デッサンも「こうなるのか〜」と、とても新鮮。
展示のよい記念になりました。嬉しい!

フジカワデッサン。まだ少し枠に余裕がありますので、ご希望の方はこちらよりどうぞ!→「詳細

|

« March 2015 | Main | May 2015 »