« 8月「はじめてのマクロビオティック」Organic Base | Main | 『海獣の子供(3)』五十嵐大介 »

July 29, 2008

伝え方

200807iphone3g

iPhoneが発売されて、少したちますね。

Macユーザーとしては、興味が無い訳は無いのですが、新製品にいきなり飛びつく性格でもないので、ふーんと見物しています。

知人で購入した方に少し触らせて頂いたのですが、3Gネットワークは思ったよりも快適で、家でのネット環境と比べると勿論体感的に遅いのですが、いままでの携帯電話やPDAに比べるとかなり体感的には早く、外での使用に耐えうるのではないかと感じました。

しかし、今回のi Phoneを見て、相変わらずAppleは相変わらずアピールがうまいなあと。

技術的な面で革新的なことがある訳でも無いのに、ここまで話題にしてしまうAppleの「デザインの力」。

それは、「ケイタイ」を「携帯電話」の枠でしかとらえきれていない製品しかない日本のキャリア・メーカーと比べて、「コンセプトのデザイン」という点でうまいし、なにより「UI」=「ユーザーインターフェイス」のデザイン、その操作をするだけで楽しいワクワク感の演出のうまさ。

つまり「情報の伝え方のデザイン」のうまさ。これはもうAppleだなあと。




閑話休題。

桜沢先生や大森先生、久司先生やその世界中の教え子の方々(私もその一人ですが)。
たくさんの方がそれぞれに「マクロビオティック」を伝えていらっしゃる。

そんな状況で、私ができることなんてあるのかな?と思う事もあります。

マクロビオティックの理論そのものは、正直、石塚〜桜沢〜大森・久司先生の世代で基礎的な研究されていると私は思っています(科学的な検証・研究という意味ではありません)。

でも、Apple(Jobsが)がiMacやiPod&iTunesやiPhoneでやったように。

伝え方、という点ではまだまだ私の出る幕もあるのではと思っています。

その時代、その場所、その人に合わせて変わっていく柔軟さ。
それこそがマクロビオティックが持っている一番楽しい特徴です。

マクロビオティックはこの世で楽しく遊ぶ為のもの。

マクロビオティックは(たぶん)iPhone買うより楽しめますよ。



インターフェイス、ということで。
ちなみに私は最近昔のタイピング感覚を求めて
200807lc630
(このキーボードの感覚です)

こんなキーボードをMacのノートに繋いでいます。
液晶との距離もとれるし、キーボードのタッチがよいのでなかなか快適です。

200807hhk

|

« 8月「はじめてのマクロビオティック」Organic Base | Main | 『海獣の子供(3)』五十嵐大介 »