« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

June 27, 2008

0625 Ikuko Harada at "Orchard Hall"

200806ikuko

すぐに思いつくのは美味しい珈琲を入れる事、あとは写真を撮る事。


だんだんと良い意味で大人になってきて、これはもう自分がやらなくてもよいな、頑張らなくてよいな、ということが増えました。

珈琲を入れる事や、写真を撮る事。
もちろん今でも好きですが、自分よりももっと情熱を持っていて、もっと美味く・上手くやってくれるなら、自分はそれに甘えよう。そんな気持ちです。


それは別に「諦めた」とか「情熱がなくなった」とかそういうことではないと思っています。


段々と、どんどんと、自分の中でやりたいことや価値観が純化されていって、自分のやるべきことや情熱を注ぐべき先に自覚的になっていくにつれ、手放せることも増えていくということでしょうか(とはいえ、煩悩は百八つどころではありませんからまだまだ欲望まみれですが(笑))。




この日の原田郁子さんのライブは、


ああ、こんな人達がいるならもう自分は音楽で何か表現するとかってのはやらなくてもいいなあと思ってしまう様な空間でした。

素敵だったなあ。だって音楽を演ってない自分がこんなふうに思うんですから(笑)。

|

June 24, 2008

7月の「はじめてのマクロビオティック」

200806ume
しとしと梅雨らしい天気が続きますが、「梅雨」と書くだけあって梅の季節ですね。

梅干しなどの保存食を作ってみると、昔の人々は本当に「陰陽」を巧みに日々の生活に利用していたんだなあ…と思わざるをえません。
当たり前過ぎて、「陰陽」なんて言葉によるラベリングは必要なかったんでしょうけど。


そんな「陰陽」のお話にご興味があれば、是非!。

7月のクラスのご紹介です。



「はじめてのマクロビオティック」

日時:
 7月18日(金)11:00〜14:30
 7月20日(日)11:00〜14:30

場所:吉祥寺Organic Base(http://www.organic-base.com

料金:4000円

内容:
 マクロビオティックって何?(レクチャー)
 玄米の炊き方(デモ)
 基本のお味噌汁(クッキング)
 季節のおかず

詳細、お申し込みはこちらからお願い致します。
http://www.organic-base.com/class/class01.htm
お申込期間は、6月19日10:00〜6月30日23:00 になります。

|

June 23, 2008

Home Sweet Home

200806mikikomo2

21日のクラスの後の夕食は、友人の家でまったりと。








という雰囲気の写真ですが、半分ホント・半分ウソです(笑)。




この日は中野のuna camera liveraというユニークな日替わりカフェで、友人のmickysukeさんがkomokonさんとお二人で

「cafe miki-komo」

をオープンなさっていました。

200806mikikomo


このカフェは、なかなかベジタリアン&マクロビオティックフレンドリーなカフェで、他の曜日も何度かお邪魔した事があります(「他の曜日?」と思った方は上記のリンクを!)。

学生の頃友人の家に遊びに行った時、玄関からではなく庭から直接部屋に出入りしたりしませんでした?。そんなシチュエーション。部屋の中も友人の家のような雰囲気でつい長居をしてしまいます。


で、頂いたメニューは「厚揚げと野菜のココナッツミルクカレー」(写真には温野菜も)。

辛いのが苦手な私でも美味しく頂ける位の辛さでした。そろそろ暑くなってきたし、時々カレーも、ね。しかし、玄米とカレーって合うと思うんだけどなー。ドライカレーにしても美味しいし。


昼ご飯は、みんなで楽しく作ったご飯!。夕ご飯は、友人の作ってくれたカレー!。

美味しい一日でした。ご馳走さまでした。
感謝。

|

ご参加ありがとうございました!

200806arame

今月の「はじめてのマクロビオティック」at Organic Baseにご参加頂きました皆様、
ありがとうございました!。


なんだかじとーっと蒸し暑い曇り、というお天気。


なので、暑くても割と頂きやすいものを、と思い玄米には梅干しを入れて炊いてみました。

『テンペの南蛮漬け』は、実は私が小さい頃、母の「アジの南蛮漬け」が好きだったことを思い出しまして作ろう!と思い立ったんですが、家で揚げ物をするのがちょっと…という無精モノなので軽く焼いた「テンペ」を使いました。

写真の『アラメと赤レンズ豆の紫蘇風味』、皆さんの調理の時の和やかさで、とても優しく軽いメニューになりました。美味かったです!。

レンズ豆は浸水もなしですぐに煮えるので(皮をむいた赤レンズ豆は特に早く)便利ですし、ただ煮ただけでも何かエスニックな香り?がするのが気に入っていて、一年中調理法を色々変えて頂いています。


レクチャー(お話)+クッキング(調理)という今回のクラスを通して、少しでも
マクロビオティックの面白さ、楽しさが皆さんに伝わっていればいいな、と思っています。

ありがとうございました!また宜しくお願い致します。

|

June 19, 2008

What a wonderful world!

200806yurine2

少し前にもオシドリの事を書いたけども、自然のデザインには本当にかなわないと思う。


これは、百合。
ずっと眺めていても飽きません。


台所の片隅でおがくずの中からニョキっと芽が出てしまった百合根。
しまった食べ損ねた…のでとりあえず庭に植えてみてから約2週間とちょっと。


土の中で腐っちゃうかな、と思ったけどもこの生命力。
こういった「生きているもの」を食べて、その「ちから」を頂いて私達は生きている。


食べているのは決して個別の栄養素「だけ」じゃない。
むしろこの「ちから」が本体だと思う。


玄米をお勧めするのも、丁寧に育てられた野菜をお勧めするのも、この「ちから」が強いから。


そして横から見てみると…

200806yurine1


ちょっと分かりにくいかなー。角度を変えてみます。


200806yurine3

百合の葉の生え方・つき方は、『スパイラル』

植物が育つのは上へ上へという「陰」の力が働いているから。
そしてその力は、実は「螺旋状」に上へ向かっています。
朝顔などのつるなどは、まさにスパイラルですよね。


うーん植物なんかは本当に自然のバランスに身を任せて生きているんですね。
人間も自然のバランス=陰陽、に影響を受けているはずなのに…それを無視しているから体が悲鳴をあげる訳ですね(反省)。

そして私はひとりつぶやく。
"What a wonderful world!"。


|

June 12, 2008

和は輪なり

先日ある方と「十七条憲法」の話になりました。
第一条の『和を以て貴しとなし〜』というあれです。

第一条に「和」を持ってくる民族なんだよね良くも悪くも、という話でした。


その二、三日後、昔書いたメモが出てきました。

『和は輪なり。輪は円なり。円は縁なり。』

どなたの言葉か分からないけど、自分の手書きでメモしてあるので、どこかで聞いたものなんだろうと思い、それを手帳に写して、改めて眺めて、噛み締めて。


そうしたら今日、また新しい方と知り合えました。
また新しい縁が生まれた、と思っています。


ここ数年、自分の認識している狭い世界なんて自分次第でどうにでも変わる、ということを強く感じています。
その変化の中で、一番興味深く、素敵だなあと思っているのは「縁」です。
でもその始まりは、自分の中の「和」なんでしょうね。

誰の言葉なんでしょう。うまいこと言うなあ。

|

June 09, 2008

the Moment

200806kazuma


写真は、その時その瞬間の真実を写し取る、とはこれっぽっちも思っていなくて、

むしろ、撮影者が見たい様に都合良く風景を切り取る、という虚構性とか被写体との関係性等が写り込むところが私は好きです。


今年の初め、ついにデジタル一眼レフを購入したので最近はまた写真を撮る様になりました(仕事用の料理写真とか以外にね)。

そんな私の主な被写体の一つである友人ミネイカズマのバンド
「アイイロ」(http://ai-iro.net)。

少し枚数が溜まってきたので、オンラインアルバムを作りました。
GOOD MUSICを鳴らす彼らを、ご覧になって頂けると嬉しいです。

上記のリンクに飛んで、[PhotoBook]のメニューから入れます。
my spaceでの試聴もできます。

なんか宣伝っぽいですね(笑)。まあたまにはいいか。

200806photobook_2


|

« May 2008 | Main | July 2008 »