« HAS+YMO | Main | 4月のレクチャーのお知らせ »

March 18, 2008

違和感。〜「食べてはいけない!」森枝卓士

200803tabeike_2
森枝卓士さんの著書「食べてはいけない!」。

タイトルだけ見ると「またか…」と一時期ブームになった、あれはダメ!これはダメ!と食品の採点をした本に思えるが、これは「地球のカタチ」というシリーズの一つで、同じ人間なら食べることができるものを、ある場所・集団では食べたり食べなかったりすることを、文化的宗教的観点から眺めたもの。世界だけでなく、日本の中の話もあります。

その中で「なるほど」と思った箇所があります。

著者は「菜食主義」「Vegetarianism」という言葉を『間違った言葉』だと述べています。
一般的にはこれらの言葉は、「野菜を食べる主義」ではなく「非肉食主義」つまり「肉を食べない主義」だからだ、と。

私がマクロビオティックを知り、本を読み、生活に取り入れようとし始めた頃、その意識はまず「動物性を摂らない主義」から始まったと記憶しています。

ですがその後、マクロビオティックをある程度体系立てて学んだ後は、そういう意識はだんだんと無くなりました。今は、まさに「穀物野菜を中心に食べる主義」なのです。なので外食では例外もあるし、それはそれで美味しく頂くと決めています。
フツーの品(という表現も変ですが)でもちゃんと丁寧に作られているものは、頂いた時の身体への影響は穏やかなものが多い、と感じているからです。

ここ数年、何か違和感を感じるな、と思うことが時々あったのですが、それはコミュニケーションする際の周りの視点が「マクロビオティック=動物性を食べない主義」であるのに対して、私の考えが「マクロビオティック=穀物野菜を中心に食べる主義」だったからだと思います。

なので今まで「ベジタリアンではないんだよなー」と自分のスタンスを認識してきましたが、森枝さんの記述からすると私は「ベジタリアン」になるのかもしれないですね(笑)。



言葉遊びですが…
文中の旧来のベジタリアン・菜食主義は『消極的菜食主義』となり、私の様な場合は『積極的菜食主義』になるんでしょうか?。いや『積極的ペスコベジタリアン』か?。
ま、どうでもよい事ですけど…(笑)。

|

« HAS+YMO | Main | 4月のレクチャーのお知らせ »