« 父からのメールと坂本龍一 | Main | まったく… »

April 05, 2007

伝える難しさ。

Sakura07
今日は、花冷えです。寒いーー。桜の花のもちが良くなるのなら、いいのかな。


最近レクチャーに参加して下さった方と話していて、よく話題に上るのは、

「近しいパートナーや家族に、マクロビオティックの良さが伝えられない」

ということです。むしろ反対・反発される、と。

ご自分は、本を読んだり玄米を食べたりと、色々と経験なさって、これはいい!と感じているし、パートナーの健康のことを考えると、放っておけない。なのに…。
自分に近しい関係の方に、自分のよいと思うものを理解してもらえない・共感してもらえない、というのは、すごく寂しいし、辛いですよね…。

どうすればいいんでしょう。私にも分かりません。全て、個別に事情が違いますからね。
でも、自分をとりまく環境・状況を変えよう、とする時に「相手を変えよう」というのは、ものすごーく難しいと思います。ですから、ありきたりかもしれませんが、「自分が変わる」しかないと思うんですよね。しかもそれが一番近道だと。

相手に伝えたい、分かってもらいたい、と思っているうちは全然駄目で「今はいいや。まずは自分からだな。」という心境になって、あなたが健康に、穏やかになってくれば、その伝えたい相手はあなたの変化に気が付いて、興味をもってくれるのではないでしょうか。だって、とても近しい関係の方なんでしょう?。
このブログでも何度か書いた記憶があるのですが、相手のリアクションは、『リ』アクションですから、まずは自分がアクションを起こさないと絶対に起こりません。ですけど、そのアクションは、相手にぶつけるタイプのものだけでは無いですよね。

「そんな簡単なことで上手く行けば苦労してないよ!」と思われるかもしれません。でも、少なくとも私は、マクロビオティックをライフスタイルに取り入れてから、周りからのリアクションの変化に驚かされること、多いです。

「相手を変えようとしないこと。自分が変わること。」
実際に出来る出来ないは別にして、私はこの方法、結構好きです。

|

« 父からのメールと坂本龍一 | Main | まったく… »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80568/14557774

Listed below are links to weblogs that reference 伝える難しさ。:

» ロハス マクロビオティック(玄米菜食)なレシピでダイエット [ロハス マクロビオティック(玄米菜食)なレシピでダイエット]
ロハス マクロビオティック(玄米菜食)なレシピでダイエット [Read More]

Tracked on April 05, 2007 at 07:11 AM

« 父からのメールと坂本龍一 | Main | まったく… »