« 6月3日「男のマクロビオティック」 | Main | Boom Boom Satellites at Shibuya O-EAST »

June 05, 2006

6月4日「久司先生講演」「Caravan at日比谷野音」

<久司道夫先生の講演全7回シリーズの第6回「新しい世界」>

最近は講演を拝見するたびに、お元気になられていて、とてもホッとします。まだまだ久司先生にはお聞きしたいことが山ほどあるので、120歳位までお元気でいていただかないと(笑)。。(現80歳)

今回の講演は、聞きたい内容の部分が、最後の方で時間がなくなって駆け足になってしまったのは残念でした。しかし、今のままでは、人類にはもう残された時間は少ない、猶予はない、ということはヒシヒシと伝わってきて、身が引き締まる思いでした。

なんとか、しないとね。マクロビオティックは、その、第一歩ですよ。ホントに。


<Caravan/日比谷公園野外音楽堂>
Caravan初の野音です。

Caravanの様なアーティストは絶対野外の方があうだろうなーと思っていたので、野音は期待してました。
日比谷野音は本当に好きな会場で、とても雰囲気の良いところです。場のよさも相まって、とても素敵な、感動的なライブでした。

「音楽は、人間の発明したものの中でとても素晴らしいもの。争いの道具ではないし、目に見えないもの。目に見えないものは、ずっと続いていくもの。」

うろ覚えですが、Caravanの言葉です。こんな気持ちを、長いキャリアの中でいまだに持っている、ということはとても素晴らしいことだと思います。自分の場合はマクロビオティックと音楽ですが、何の分野においても、求めている真理、というものは、結局同じことなんだと思います。『感じる』もの、だと思うので言葉では上手く説明できませんが。。

GOOD MUSICとマクロビオティック。とても充実した一日でした。明日からまた頑張ろ。

|

« 6月3日「男のマクロビオティック」 | Main | Boom Boom Satellites at Shibuya O-EAST »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80568/10396365

Listed below are links to weblogs that reference 6月4日「久司先生講演」「Caravan at日比谷野音」:

« 6月3日「男のマクロビオティック」 | Main | Boom Boom Satellites at Shibuya O-EAST »