« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 28, 2005

「マクロビオティック クリスマス」

25日、青山アノニマスタジオにて行われた、「マクロビオティッククリスマス」イベントにスタッフとして参加しました。マクロスイーツの本を上梓された朝倉美千代さんと、まるまるのコラボレーションイベントです。

ランチタイム、ティータイム、ディナータイムと三回転53名の方々が訪れてくださいました。本当にありがとうございました。

僕はホールのオペレーションとサービスを担当しました。ニットキャップをかぶってた男が僕です。スイーツは朝倉さんが担当、ランチとディナーの料理はまるまるの二人が担当しました。試作の段階から参加していたのですが、回を重ねるごとに変化していく料理が楽しみで仕方ありませんでした。今回は調理の面では全くお手伝いできなかったのですが、一つのレシピを完成させるということが、どんなに大変なことか端で見ていて痛い程感じました。

色々と気づかされることの多かったイベントでした。まるまるのお二人、本当にお疲れ様。とっても楽しいクリスマスだったよ!。

| | TrackBack (0)

December 22, 2005

今更ですが

fukanabe-3gou
僕の周りの所有率が異様に高いので、買わなくてもその恩恵に与れていた土鍋「マスタークック」。今更ですが三合深鍋を購入。

とりあえず説明書通りに、小麦粉を入れた水を煮て、そのまま放置。次の日に洗って乾燥させる。
さて、まずは何を…と考えたが、家のキッチンでどーんと存在感を放っていた大きなカボチャと小豆を煮ることにした。冬至だしね。

昆布をもどして、その上にカボチャ・小豆の順に重ね、もどし汁と小豆を漬けておいた水をひたひたに入れ、沸騰させた後は、蓋をしてひたすらとろ火でコトコト。時々差し水。圧力鍋に慣れていたので一時間以上煮るのは久しぶり。そもそも購入を決意したのも寒くなったのでコトコト煮たものが食べたくなったから。
豆が柔らかくなったら自然塩をひとつまみ。鍋をゆすって軽くまぜたら蓋をとって水分をとばす。程よく水分がとんだら火を止めて、蓋をして蒸らす。

だけ、なんだけど…めちゃめちゃ美味いのね…。小豆が崩れてカボチャぜんざいみたいになる位煮てみたんだけど、ホントに塩だけ?!って(笑)。もちろん、カボチャも小豆も塩も良いもん使ってるけど。。いやー皆が何個も購入する訳だ。本当に料理が上手くなったんじゃないかって錯覚するよこの土鍋(笑)まいった。

てなわけで夜中にコソコソと、コトコトと煮込んでます。

| | TrackBack (0)

December 19, 2005

富山大学第2外科

今年の7月に参加した久司道夫先生の講演会は、「静岡県」が主催のもので、行政機関主催のマクロビオティック講演会なんて!と少し感慨深いものがありました。

今回マクロビオティックの文字を見つけたのは、「富山大学第2外科」。国立大学です(統合前は富山医科薬科大学)。

乳がん手術後の栄養指導にマクロビオティックを取り入れている、ということです。
細かい内容はともかくとして、国立大学の「医療機関」がマクロビオティックを取り入れたことに、驚きました。

以前、久司先生が講演を富山大学で行われたという話も聞きました。本当に久司先生をはじめ、マクロビオティックの普及をすすめてこられた先輩方の努力には頭が下がります。
個人的には、かなりテンション上がりました(笑)。

| | TrackBack (0)

December 18, 2005

我逢人

「がほうじん」と読むそうです。ある方から頂いた言霊です。

我、人と逢うなり
人と逢うことから全てが始まる
人と逢うことを大切に
人と逢える場を大切に

禅の言葉のようですが、この一年の自分にぴったりの言葉で、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

| | TrackBack (0)

December 12, 2005

12月11日

Organic Baseワンディクラス「冬ごはん」えんどうけいこさん、のアシスタント。

えんどうさんのレシピは、特別な食材や工程が少なく、シンプル。でも平凡ではなくて、日常の食事にすぐに取り入れることができるものが多い。僕が好きなコンセプト「Simple,with twist」な料理で、ホントにすごい。マクロビオティックを取り入れている人のキッチンには普通にあるだろう食材で、とても美味しい、素敵な料理が並ぶ。

こういったすぐに実践できるレシピは、個人的にも、マクロビオティックの普及の為にも、今とても必要だと思う。
感心しきり。

| | TrackBack (0)

December 02, 2005

くるり/NIKKI

nikki
「13曲中、12曲が名曲です!」

くるりのボーカルの岸田君がライブのMCでそう話していた。いやいやまさしくその通り。そして残りの(名曲ではない)1曲は毎日変わる(笑)らしい。

このアルバムをPopと聴くか、Rock('n' Roll)と聴くか、人によって別れるだろうな。うーんでもRockとPopは相反するものではないからなあ。。とにもかくにも、名盤です。それだけは本当に。

| | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »