« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

April 28, 2005

キャベツと椎茸

cabbage
大地宅配が施設火災の影響から大分復旧したようで、単品野菜の注文も届くようになりました。かぶはキャンセルされたけど、春キャベツが今週の宅配分に入ってました。

野菜自体の味が強く美味しいと、なんか色々と手をかけたり、濃く味付けするのがもったいない気がして、自分の作る料理はシンプルなものが多くなります。
今回のキャベツは、生椎茸と一緒に、昆布出汁と塩で軽く煮るだけ。いつもは醤油をいれてしまうけど、今日は塩だけ。キャベツの色もその方が奇麗。

遅い夕食でしたが、今日は玄米も上手く炊けたし(圧力鍋)キャベツも甘いし、お腹も気持ちも満足です!。

| | TrackBack (0)

April 27, 2005

Introduction/ミネイカズマ

intro347_ミネイカズマ約2年ぶりの自主制作音源(CD)「Introduction」です。
4月21日のライブになんとか間に合い、3曲入り300円で発売しました。
今カズマは主にギター弾き語りでライブを行っているので、今回の音源もアコースティックな音になっています。

1曲目「Introduction」 ほとんどボーカルらしいボーカルの無いインスト曲。ギターの音色が雑踏の中から立ち上がり、また雑踏の中に消えて行く。そこに重なるカズマの声は、もがきの中での静かな決意、のようなものが現れている気がする。
2曲目「Fish」ゆったりとしたドラムが気持ちよい。どこか寂しさの残るギターにのる自然体のカズマの声。裏腹に歌詞は絞り出すようなフレーズ。
3曲目「花」オーソドックスな弾き語り。ライブでは熱かった。。

ミネイカズマのホームページで、サンプルの試聴ができますので、聴いてみて下さい!。
ご感想を聞かせて下さると嬉しいです。メール、blog、BBS、どれでも受付中です(笑)。

今回、カズマの好意でクレジットに「produced by negaposi」と入っているけど、自分が協力できたのは写真やデザインなどの面だけで、サウンドはカズマが一人で録って、作りました。
次に作る時はちゃんと、サウンドの面でも参加できると楽しいだろうな。。

| | TrackBack (0)

April 18, 2005

砂糖断ち実験

sugar
「3日間位お砂糖抜ければ、あまり欲しくなくなるみたいよ」

と友達に言われて、じゃあちょっと実験してみようかなと思ったのがお花見の次の日だから10日の日曜日。それから16日の土曜日までの7日間、意識的に白砂糖をさけてみました。
完全に自炊が出来る訳ではないので、全くとらない、ということは出来ませんでしたが、普段より少なくなったのは確かです。

単純に砂糖を抜くだけじゃあな、と思い確実に自炊のできる朝食は、玄米を多めに食べ、会社の食堂で食べる昼と夜は、白米の量をいつもより多くしました。フルーツやフルーツジュースも極力とらない様にして、その代わり甘栗とか、寒天にきな粉メイプル、米飴あんこ等の甘味を食べました。
それと、人参とタマネギのスウィートベジタブルスープを家で飲むことに。

前半の3日間は、ちょっと菓子パンなどが欲しいなーとか感じましたが、本当にその辺りを乗り越えると、我慢しなくても普段食べていたような甘いものは欲しくなくなり、なかなか減らせなかったパンへの欲求も減りました。あと個人的な変化としては、マクロビオティックを取り入れてからかなり良くなっていた鼻炎(花粉症を含む)がこの期間劇的に良くなったことでしょうか。朝は排出で少し鼻水がでるものの、日中は全く快適で花粉が特に多い、といった日も全然余裕でした!。鼻うがいすら必要ありませんでしたね。

しかし誤算が少し(笑)今週は仕事とプライベート共に忙しくて、平均睡眠時間が2時間半。それとベジタブルスープを後半は作れなかったこと。
その為か、午後は本当に眠気とだるさでフラフラに…。やはりベジタブルスープを会社に持参して午後にも飲むべきでした。自分はおそらく低血糖症なんだろうな、ということを体で実感しました。いや〜あんな眠気、だるさは初めて経験しました…(笑)これも劇的でした。。

今回の砂糖断ち実験は、1週間と決めていたので今は緩めましたが、今回の感想は「これなら会社が休みの時に、できるかも」です。
砂糖断ちは、自分は一番難しいな、と思っていたのですが、少し希望がでました(笑)。

実は、今年の目標の一つです、砂糖断ちと低血糖症の改善。

| | TrackBack (0)

April 12, 2005

Potluck Cafe 4/9

sakuraブニャンシカさんの呼びかけで始まったPotluck Cafeも3回目(だよね?)。今回はお花見でした!遅ればせながらレポートです。
皆さんが持ち寄った料理は本当に美味しかったです。。まずこれは言っておきたい(笑)。もう人数が多すぎてどの料理がどなたのものか把握できなくなってましたが、本当に感動的でした。写真はchosi_tさんのC's blogにお任せです。

去年、自分が初めて参加した第2回目の時は10人位だったんじゃないでしょうか。それからOrganic Baseとブニャンシカさんを通じてどんどんマクロビオティックな知り合いが増えていきました。本当に驚く様なスピードで。
皆さんよくおっしゃるのですが、マクロビオティックを通じて知り合う方は、すぐに昔からの友達の様に仲良くなれるんです。それがマイノリティとしての連帯感なのか、マクロビオティックを価値観としている人のマインドのオープンさなのかは分かりませんが、素晴らしいことです。社会人となった今では特にそう思います。
とかく求道的・厳格すぎになりがちなマクロビオティックなので挫折することも多いと思いますが、自分独りじゃない、ということは続けて行く上で大きな励みになります。だって50人以上ですよ、今回の参加者。これだけの数の方が「参加する」という行動を起こせたということは、来れなかった方、踏み出せなかった方などの潜在的なマクロビオティックに興味のある方は、もっといると考えられますよね。ワクワクします。

あと参加した方とお話ししたことで「もっと男性の実践者が増えてくるとよいのに…」ということがあります。自分は男ですし勿論そう思いますが、それよりもやはり、「パートナー」であり「母親」である女性が家庭を通じて、マクロビオティックの料理を通じて世の中を変えていく方が重要だと思います。そのお手伝い位しかできないんじゃないでしょうか男性は(笑)。

そしてお花見が終わった時に感動したこと。全然少ないんですゴミが!。持ち寄りなので器が殆ど持ち帰りだということもありますが、50人という人数から考えても驚く程の少なさでした。
これも幹事のブニャンシカさんの呼びかけ、皆さんの意識の高さ、違うな、意識の優しさの現れだと思います。このことはかなり嬉しくなりました。
本当にブニャンシカさん、ありがとうございました。

最後に今回のPotluck Cafeで思い出したオノヨーコさんの言葉。

A dream you dream alone is only a dream.
A dream you dream together is reality.

| | TrackBack (0)

April 04, 2005

ミネイカズマ=ライブ

banner240実はnegaposiとはmkとミネイカズマの宅録音楽ユニットです。まだ活動してませんが。
ミネイカズマのプロフィールはホームページをご覧下さい。あ、彼は別にマクロビオティックは実践してません(笑)。

そのミネイカズマが久しぶりにライブをします。

日時:4月21日(木)19:00オープン 19:30スタート
場所:西荻窪ビンスパーク
料金:前売¥1,500 当日¥1,800(1ドリンク代別¥500が必要です)
出演:内野辰太郎、ミネイカズマ、他(出演順は現在未定1番目19:30~です)

カズマの歌は決して「上手い」というものではないし、その声と世界は人に伝えていくにはまだ全然不器用だけれども、俺は好きです。でなきゃ一緒に何かやろうなんて思わない。

観に行きたい、という方がいらっしゃればコメントかメールを下さい。当日入り口のキャッシャーでお名前を言っていただければ前売料金+ドリンク代で入れる様にしておきます。当日急にこれなくなってドタキャンしても料金は発生しませんので(笑)どうぞお気軽に。地図は上記リンクでビンスパークのHPにあります。

着席で30人位の小さなアコースティックライブのお店で、ギターでの弾き語りになると思います。
たまには小さなお店でライブ、いかがでしょう。

| | TrackBack (0)

April 03, 2005

クラムボン/てん、

tenクラムボンの3月に出たニューアルバム「てん、」です。

クラムボンは原田郁子、ミト、伊藤大助のスリーピース・バンドです。日本のバンドではかなり好きなバンドですね。

デビューした頃は、女性ボーカル歌ものバンドという印象でPOPな曲が多くてライブでも一緒に歌いたい!って女の子が多かったです。今でもライブでその頃の曲をやると盛り上がります!。
CMで使われたりしていた「サラウンド」を含むアルバム「ドラマチック」、これはすんごいアルバムですね。渋谷のHMVで試聴して、1曲目からこりゃヤバいと汗かいたのを覚えています(笑)。アルバム全体の流れも、曲自体のパワーも、何か「みなぎっている」アルバムです。
その後アルバム「id」あたりから音響系というかエレクトロニカ?アンビエント?(本当に音楽のジャンル分けってアホらしい)な感じになって離れたファンも多いような気がします。自分はすごく好きなんですけどね。

でも、このアルバムはまた「うた」が戻って来てます。勿論、デビューの頃とは違い、いい感じに成熟はしてますけどね。やはりこのバンドの魅力は原田郁子のボーカルによるところが大きいと思うし、バンドの変遷を聴いていくのも音楽を聴く楽しみ方の一つなのでまた、楽しみです。
コロンビアのHPから試聴できるのでよかったら聴いてみて下さい。

| | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »